DOZAN11芸術鑑賞会スクールライブ

公演内容

より幅広い芸術や文化、価値観を見つけてほしい

日本にレゲエを知らせた曲!!

「Lifetime Respect」
初めてレゲエでオリコン1位をとって日本中を沸かせた2001年の大ヒット曲。
当時、大人から子どもまで聴いた歌を今の十代にも聞いてもらいたいと思います。

全員参加型のコーナー!!

「リズム遊び」
DOZAN11が指揮者になり、歌いながらバンドに合図を出すジャマイカ独特の音楽芸能を体験してもらいます。 その合図で生徒の皆さんにも手や足を叩いてもらい、全員が演奏に参加してもらい、皆んなで作ったリズムの上でDOZAN11が歌います。 学校を題材にしたコミカルな歌や、世の中に起きる深刻な問題を取り上げた歌のフリやオチに合わせて手を叩き、一緒に新たな音楽ジャンルを理解し楽しむコーナーです。

●内容解説

※合図に合わせて生徒さん達がすること。
「One Drop (ワンドロップ)」-オチをつける前などに、一回だけ手を叩く
「Mix (ミックス)」-一番盛り上がる場面、リズミカルに手を叩く
「Low (ロウ) 」-音を小さめにして、フリを話す時などに使う

世界の音楽文化と歌詞を紹介しながら、未知なる自分の内と外を見てもらう!

「音楽占い」
音楽の好みで性格や将来が見えてしまう!?
世界の音楽や、言語、文化を身近に体感してもらいたく、世界的に有名な音楽ジャンル10種類前後を紹介、演奏いたします。それぞれ好みのジャンルに挙手をしていただき、音楽占い師DOZAN11が挙手してくれた生徒の心の内、性格や未来などを面白おかしく当ててみせます! 様々な言語で歌いながら、外国の音楽や文化の話などもいたします。 多くの音楽ジャンルとその背景を知る機会になれば幸いです。

日本の風景を感じてもらう!

「ギャーテーギャーテー」
五月晴れの中、ストレス解消に電車で奈良のお寺を訪ねるストーリー。 お寺や仏教にまつわる言葉がダジャレ的に出てくるオモシロい歌ながら、お参りの気持ち良さや仏教の解釈もマジメに含んでおり、聴いたお坊さん達、皆大絶賛の曲です。
『誰が稼いだ諭吉はなんまいだ?なんて聖徳太子なら言うさほっとけよ、って』 また『ギャーテーギャーテー』というタイトルでNHKも特別番組を作成し、この曲の違う歌い手バージョンを主題歌に使用しました。
また『ギャーテーギャーテー』というタイトルでNHKも特別番組を作成し、この曲の違う歌い手バージョンを主題歌に使用しました。

「東北賛歌」
旅で巡った東北を讃える歌。震災前から数年かけて東北を度々訪れ、実際に見聞きしたことが織り込まれています。遠くてなかなか行けない東北地方に、情景が浮かぶ歌詞が連れて行ってくれます。少しでも皆さんが東北へ想いを馳せる一時になればと思います。

これぞレゲエ!子どもから大人になってもずっと歌えるポジティブソング!

「大仕事」
怪我、病気、自分の限界...誰にでもある人生の困難を乗り越え、大志を持って前向きに生きていこう、というスケールの大きい歌。日本代表のサッカー選手もNHKで自分にピッタリの歌だと紹介してくれています。

『切ない 悲しい 悔しい 恥ずかしい 怒り
嬉しい 素晴らしい 面白い ありがたい 生き甲斐 光
今 全部自分の力になる 俺自身で俺を 光らしたる』

「明日の風」
『俺は生きてる価値がある コケてもまた立ち上がる』
『涙じゃ消せない命の炎 胸にあふれる様に燃えてる』
『ただ前向いて走ればきっとその顔に吹くのさ明日の風』
駆け出したくなるリズムに前向きになれるフレーズ満載!
生徒さん達の胸にいつまでも流れ続けて、明日に向かって力強く生きる原動力にして欲しい歌です。